おすすめの介護保険請求書ソフトの特徴

main-img

その事業所の介護保険請求の業務はとても複雑です。

サポートしてくれるその請求書ソフトを導入することをおすすめします。効率化がはかられたものです。タイプについては大きく分けて2タイプあります。

1つはホームページなどから、ソフトをダウンロードして使うものです。


パッケージ型と呼ばれます。



もう1つはインターネットを通じて、アプリ機能をレンタルするものです。ASP方式と呼ばれます。手書き、またパソコンなどで介護保険請求の業務を行う場合と、上記のような請求書ソフトを比べてみます。

ソフトは介護保険の利用者の項目が一目瞭然のものです。

パソコンなどに入力しなくて良いのです。また、スケジュール管理したものは介護保険の請求に反映されます。

ケアマネジャーのシステムと連動しているものも多いです。
例えば大手の事業所で、スタッフの数が300名ほどにもなるために、それぞれの情報の一元管理がとても難しかったという所があります。

日本経済新聞の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

その事業所は介護保険請求書ソフトを導入したことにより、問題をすぐに解決できたということです。

なお、キーボードに慣れない人のための、タブレット入力や音声入力をすることができるソフトも登場しました。

導入する際については、そのソフトメーカーが本当に手厚くサポートしてくれます。
電話やメールでのサポートも行われています。

24時間行っている所もあります。その資料請求に関しては無料で行っている所がほとんどです。

介護の事務ソフト情報が探せます。

介護の補足説明

subpage1

介護施設を家族が利用していたり、勤務されている方は多いのでは無いでしょうか。介護施設を利用した場合、利用者様の介護保険度数に応じた利用料を支払う必要があります。...

more

人に言いたい介護

subpage2

2025年には団塊の世代が75歳以上になりますので、多くの高齢者が要介護状態になることが予想されます。このため、高齢者が要介護にならないための介護予防サービスや実際に要介護状態になった場合でも住み慣れた地域で安心して生活を送れるように、地域単位で包括的なケアシステムを作り上げることを目的に始められた事業が「介護予防・日常生活支援総合事業」です。...

more

意外な事実

subpage3

介護予防・日常生活支援総合事業は、現在多くの注目を集めています。介護予防・日常生活支援総合事業とは、市区町村で行っている地域を支援する事業のひとつで、高齢者の人々を対象にして、必要に合わせた様々なサービスを提供する事業のことを言います。...

more

予備知識

subpage4

最近、介護保険サービスの中で新しい動きが生まれています。今まで介護保険は、要介護1から5と要支援1から2の七段階に分けられていました。...

more